男性でも女性でも、疲れているときは欲情しやすい?

噂と迷信☆都市伝説は面白雑学を紹介しています。

男性でも女性でも、疲れているときは欲情しやすい?

本当…とも言えます

運動や仕事などで疲労し、ほっと一息ついているとき、皆さんは軽い朦朧状態になりませんか?この時、男性なら、なぜかあそこが勃ってしまう…いわゆる「疲れマラ」と呼ばれる現象を経験したことがあると思います。これは、脳が「生命活動の危機」と勝手に判断してしまい、それが生殖行動を急がせるために起こるといわれています。
しかし、これは一種のオカルトであり、このことだけでは「本当」とも「嘘」ともいえませんね。

この、疲労して朦朧としている状態のとき、脳の性欲を司る部分が活発に動くようになる状態なのです。これは、お酒を飲んだときにもなる状態です。

ですから、「疲れていると欲情する」というのは本当なのです。
しかし、本当に疲れきってしまった時には、セックスどころじゃなくなります。ですから、疲れていればしたくなる…という、単純なものではないのです。






噂と迷信☆都市伝説

(c)ネタメール