精液ではなく、ガマン汁でも妊娠する?

噂と迷信☆都市伝説は面白雑学を紹介しています。

精液ではなく、ガマン汁でも妊娠する?

嘘です…が

「ガマン汁」とは、女性器が愛液で濡れるように、男性器が射精前に分泌するアルカリ性の透明な液体で、正しくは「カウパー氏腺液」といいます。射精を我慢していると確認できるので、「ガマン汁」と呼ばれます。

ちなみに女性の愛液は「バルトリン氏腺液」といい、それぞれ発見者の名前が付いています。

これは性交の摩擦を滑らかにする他、射精に備えて酸性の女性の膣内をアルカリ性で中和、自分の尿道内を洗浄といった役割があります。

ガマン汁には、ごく少量の精子が含まれていることがあります。しかし、ガマン汁に含まれる精子で妊娠する確率は、宝くじで1等が当たる確立よりも低いのです。これは、普通に膣内射精していても、精液1ccあたりに精子が2000万匹以下だと、女性を妊娠させる能力がほとんど無いと言われているからです。

しかし!

ガマン汁は射精の前兆…男性は、そう簡単に射精をガマンしきれません。避妊具無しでのセックスでは、こうしてあふれた精液が、妊娠につながるのです。

ですから、セックスの際は、必ず避妊具の装着を心がけましょう!






噂と迷信☆都市伝説

(c)ネタメール