妊娠していても、生理が1度くる?

噂と迷信☆都市伝説は面白雑学を紹介しています。

妊娠していても、生理が1度くる?

嘘です

女性は、妊娠期間中は生理が止まります。
生理は、毎月の排卵で作られた卵子が、受精せずに約2週間後に排出される現象です。ですから、卵子が受精している場合は、排出されないからです。

しかし、「妊娠生理」という言葉を聞いた事がある方も多いでしょう。今回の「本当!?」は、この言葉の意味の勘違いから生まれた誤解なのです。

「妊娠生理=着床出血」は、受精卵が子宮に根を生やしたときに起こる現象です。子宮内膜が少し溶け、それが茶色い「おりもの」のように出てきます。通常の整理のような量も無く、ごく少量の場合が多いです。

妊娠したからといって必ず起こる現象ではなく、出血の見られない人の方が多いとも言われています。

冷静に判断できれば、生理と着床出血(妊娠生理)は容易に見分けることが出来ます。

それでも「おかしいぞ」と感じることがあれば、妊娠検査薬や産婦人科医院で検査してみてください。






噂と迷信☆都市伝説

(c)ネタメール