出産すると、アソコの締まりが悪くなる?

噂と迷信☆都市伝説は面白雑学を紹介しています。

出産すると、アソコの締まりが悪くなる?

嘘です

元々膣というものは、赤ちゃんが通れるほどの伸縮性を持っているものです。確かに、経産婦の方が平均3ミリほど膣の入口が大きくなっている、という統計はありますが、医学的根拠はまったくない、いわば偏見です。

出産を経験することによって、膣への異物感に鈍感になり、以前よりもセックスに対して抵抗がなくなるため、アソコもよく濡れ、男性器の滑りがよくなる場合があります。それを男性が「締まりが悪くなった」と勘違いしているのです。

それでも緩いと言うのなら、締まりを良くする方法はあります。
8の字筋という筋肉があります。分かりやすく説明すると、トイレでウンチを切る際に力を入れる箇所で、これは膀胱と肛門、そして膣の周囲にある筋肉です。ここを鍛えることで、締まりは良くなります。

一番簡単な鍛え方は、椅子などに座っているときに肛門付近に力を入れたり抜いたりすることです。車や電車の中でも、周りに気づかれずに出来るトレーニングなので、ぜひ実践してみてください。






噂と迷信☆都市伝説

(c)ネタメール