子供は男女産み分けることができる?

噂と迷信☆都市伝説は面白雑学を紹介しています。

子供は男女産み分けることができる?

本当です。

従来は迷信とされていましたが、最近は医学的に産み分けの方法がわかりつつあります。しかし、残念ながら、まだ100%確実な方法は確立されていません。
医学上、性別を決めるのは染色体…つまり、男性の精子で決まります。

セックスで女性の膣内に入る精子の数は3億といわれます。その膣内は、酸性液で雑菌から守られています。この液で、男の子の元となるY染色体がダメージを受けます。そのため、Y染色体は、女の子の元であるX染色体の倍、放出されます。

さて、ここからが本題。女性がセックスによって強い快感を得ると、膣内にアルカリ性の液が分泌されるのです!

つまり、極論すれば、女性が感じないセックスをすると、女の子が産まれやすいということです。
…って、これは酷な話。実践はしないように。
また、排卵日が近くなると、やはり膣内はアルカリ性に近づきます。
つまり、生理の直前に着床すれば女の子、逆に生理後すぐなら男の子の確率が高くなるのです。

とはいえ、お腹を痛めて産んだ子供がどちらの性でも、大切に愛情もって育てるのが当たり前ですよね。
また、子供を望まないのなら、しっかりとした避妊が大切というのも確かです。
どちらも心に留めておきましょう。






噂と迷信☆都市伝説

(c)ネタメール