エッチをしていて、本当に気持ちがいいときは、エクスタシーで失神する?

噂と迷信☆都市伝説は面白雑学を紹介しています。

エッチをしていて、本当に気持ちがいいときは、エクスタシーで失神する?

本当です

実際の失神というのは、体が生命に危険な異常を感じたときに起こる現象ですので、まず心に留めておいてください。

なぜ、セックスにおいて失神という現象が起こるのかというと、呼吸や心拍の乱れによって呼吸が激しくなり、「過呼吸」という状態になるからです。これによって脳に酸素がいきわたらなくなるわけです。

もちろん、冒頭に危険性を指摘しましたが、普通の健康な状態ならば、セックス程度では命の心配をするほどのことはありません。しかし行き過ぎると、やはり危険です。

もし、口から泡を吹いたり、白目をむいてしまったときには、男性はすぐに行為を停止してください。

女性の快感には、それぞれ個人差があります。エクスタシーに達したことが無いという方のほうが、絶対的に人数は多いのです。

喘ぎ声というのは、過呼吸状態を整えようとしている証拠です。ですから、これを堪えずに、本能に任せて喘ぐほうが、エクスタシーに近くなります。






噂と迷信☆都市伝説

(c)ネタメール