セックスの時には、より気持ちがいい身体の相性がある?

噂と迷信☆都市伝説は面白雑学を紹介しています。

セックスの時には、より気持ちがいい身体の相性がある?

嘘です

女性の膣というのは、大変に柔軟性のあるものです。タンポンのように小さなものから、出産のときは子供まで、ある程度の大きさのものを通過させられるように出来ています。

一方、男性器の大きさには、かなりの個人差があります。だからといって、生まれてくる子供ほどの大きさはありません。

よく「しまりの良し悪し」や、「モノの大きさ」なんてことが取りざたされますが、セックスによる快感には、実は直接関係はありません。お互いの粘膜が擦れ合うことには変わりありませんから。

こうした不満の原因は「お互いが相手を求めているか」にあります。相手を信頼し、二人で快楽を感じようという気持ちが無ければ、男性器はしっかりと勃起しませんし、女性器もあまり濡れず、収縮が少なくなってしまいます。

つまり、挿入前のムードを作り、そしてしっかりとした前戯といった、リラックスが大切だということです。

「浮気したら、相手がスゴかった」という感想を、男女ともに感じることがあります。それは、普段とは違う相手とのセックスが新鮮なために、いつも以上に興奮しているからです。

それだけ、セックスには心理的な作用が大きい、ということの証明でしょう。

つまるところセックスも、「身体の相性」以上に、「心の相性」が大切だということですね。






噂と迷信☆都市伝説

(c)ネタメール