セックスの時、イきそうになると頭痛がすることがある?

噂と迷信☆都市伝説は面白雑学を紹介しています。

セックスの時、イきそうになると頭痛がすることがある?

本当です

以前、「エクスタシーで失神って本当!?」でもお話しましたが、セックスによって興奮状態になると、呼吸が激しくなり「過呼吸」という、脳に酸素がいきわたらなくなる現象が起こります。

このとき、個人差がありますが、男女問わず頭痛に襲われる場合があります。コレを「性交頭痛(HSA)といい、医学的に認められた症状です。

HSAは、一生に一度しかならない人、毎回起こる人、イく前に鈍痛が起こる人、イった瞬間激痛が走る人と、人によって症状が違います。ちなみに、イった瞬間の頭痛は「雷の一撃」と名づけられています。

また、HSAは男性のほうが女性よりも3倍以上、多く発生しているようです。

セックスの最中に頭痛が発生した場合、動きを緩やかにすることで、次第に頭痛は治まっていくはずです。

HSAは、別に悪い病気ではありません。

しかし、気になる方は、通常の頭痛薬が効きますので、セックスの前1時間ほどに飲むことで予防が出来ます。
それでも頭痛が止まらなかったり、何日も痛む場合には、他の病状の場合(くま膜化出血、脳内出血)」の恐れもありますので、早めに病院へ行きましょう。






噂と迷信☆都市伝説

(c)ネタメール