一人エッチをしすぎると、性器が黒くなる?

噂と迷信☆都市伝説は面白雑学を紹介しています。

一人エッチをしすぎると、性器が黒くなる?

嘘です

乳首も性器も、体の器官の中ではどちらかというと、刺激に弱い部類に入ります。

そして人間の体というものは、そういう部分を強くしようとする働きがあります。

そこでメラニン色素を増やし、沈着させることで、皮膚を刺激から守るようにするのです。夏の日差しに日焼けするのと同じような現象です。

こうした身体の作用は、年齢が上がるにつれ顕著になっていきます。

つまり、遊んでいようが、貞淑にしていようが、黒くなってしまうことに変わりはないのです。もちろんオナニーもセックスも、関係はありません。

むしろこれは、人間には避けられない老化現象なのです。

なお、日本人(黄色人種)は特に、黒くなることが多いようです。

では、どうしてこんな俗説が広まったのでしょうか。
思春期になると、自分の性器にコンプレックスを持つものです。そこで、他人がどんな色なのかも知らず、勝手にイメージで「自分は黒いんじゃ…」と、不安になってしまいます。

また、成熟の度合いというのは、個人によって違いますから、修学旅行などで自分よりも幼い身体(成熟した身体)を見て、「自分と違う」と思い込んでしまう場合もあります。

男でも女でも、性器の色で相手を決める人はいません(よね?)。





噂と迷信☆都市伝説

(c)ネタメール