体位によって快感の度合いが違う?

噂と迷信☆都市伝説は面白雑学を紹介しています。

体位によって快感の度合いが違う?

本当です

…とは言っても、誰もがこの体位なら気持ちがいい!というものはありません。
なぜなら、男性女性とも、性器の形や性感帯が違うからです。
体位には古くから四十八手と呼ばれるほど、さまざまな種類があります。もちろんこの数に収まるものではありません。
女性に対するアンケートによると、最も気持ちがいいと答えられた体位は正常位。これはさまざまな体位の中で一番密着度が高いという理由のほか、お互いの顔が見えるため、気分が高揚するという効果も大きいようです。

次が騎乗位。女性が男性にまたがるこの体位は、自分の好きなペースや角度を取れるため、支持が高いようです。

続いて後背位。男性が腰を使いやすく、イメージ的に荒々しいために、強い刺激が快感につながるようです。

体位と密接にあると言われるのが、女性の「上つき」「下つき」と呼ばれる、膣の開口部の位置です。

ちなみにこれは、子宮内の角度のことではなく、肛門から膣の開口部の距離のことです。通常平均は4cmで、肛門よりだと上つき、おへそよりだと上つきです。

しかし、これは何も関係がないようです。「上つきは名器、下つきは淫乱」というのも、なんの根拠もありません。
愛情を持ってセックスをすれば、どんな体位でも二人で快感を得られるでしょう。
しかし、自分達にとって一番気持ちのいい体位を探すのも、二人の関係がさらによいものになるかもしれませんよ。






噂と迷信☆都市伝説

(c)ネタメール