離婚したあとからでも慰謝料は請求できる?

噂と迷信☆都市伝説は面白雑学を紹介しています。

離婚したあとからでも慰謝料は請求できる?

本当です

結婚後、幸せに過ごせるのが一番ですが、不幸な結婚だった場合、離婚が一番無難です。

そして、その際には色々な問題と権利が発生します。その中でも一番重要なのが慰謝料と財産分与です。

財産分与とは、結婚後に夫婦で築いた共同財産を公平に分配することです。

そして、慰謝料とは離婚原因によって配偶者が受けた苦痛に対する賠償のことです。

慰謝料は、夫婦のどちらに離婚の原因があるか、離婚後の収入、どちらが子供を引き取るか、結婚期間の長さから、金額が調停されます。

さて、疑問の「慰謝料の請求が可能な期間」ですが、これは「離婚が成立した日から3年」になります。これを過ぎると請求は出来ません。

浮気による離婚の場合、その浮気相手も請求の対象になる場合もあり、大変複雑です。もし、こうした問題になってしまった場合、法律に詳しい弁護士への相談は欠かせません。争いが泥沼化しないように、必ず間に立ってもらいましょう。

もちろん、そうした不幸な出来事がないように、二人で健やかな関係を作ることが大切なのは、言うまでもないですよね。そして、不本意な結婚にいたらないようにしましょう。






噂と迷信☆都市伝説

(c)ネタメール