男性のアレ、大きいほうが女性は好み?

噂と迷信☆都市伝説は面白雑学を紹介しています。

男性のアレ、大きいほうが女性は好み?

嘘です!

女性にとって、男性器とは縁が遠いものです。

ですから、普通大きさを測る対象がわかりません。

なので、女性が口にする「大きさ」は、知識や想像などによるものがほとんどです。

まあ、元彼がいる場合、その記憶からということもあるでしょうけれど。

この噂の発端は、ほとんどの場合「小さい男性器は馬鹿にされる」という、男性側のコンプレックスです。

この悩みはたいてい、思春期に発生します。

将来のセックスへの期待と不安。

トイレや修学旅行のお風呂などで、友人のモノを見てしまったとき。

そういったものに起因します。

男性の、自分の性器へのコンプレックスというものは、ほとんど全員が持っています。

女性は軽はずみな言葉で、彼らを傷つけないであげてくださいね。

さて、日本人の男性器の平均的な長さは、勃起時で14cm程度といわれています(目安なので、それが正常という意味ではありません)。

おそらく男性なら、一度は定規を当てて調べたことがあるはず。

ではこの長さ、正しくはどうやって測っているか知っていますか?

泌尿器科での計測方法は、おヘソから下に手を下ろしていき、陰茎の上辺りにある骨の出っ張り(恥骨結合)を調べます。

そこから亀頭までの長さを測るのです。

恥骨結合は皮膚や脂肪に包まれていますので、しっかりと骨から測ります。

陰茎の根元や、その裏側を測っても、正しい数値は出ないんですね。






噂と迷信☆都市伝説

(c)ネタメール