傷などは消毒しないほうがいい?

噂と迷信☆都市伝説は面白雑学を紹介しています。

傷などは消毒しないほうがいい?

本当です。

転んだり、切ったりして、肌の傷から出血したとき、一般的にはガーゼやバンソウコウを貼って治しますよね。

しかし、最近の治療の考え方だと、これでは傷を治すために分泌される体液が拭い取られ、傷の治りが遅くなるとされます。

消毒薬で傷を拭くのも、同じように治療を遅くしてしまう原因になるといいます。

では、どうすればいいのか。

まず、傷口は流水で洗います。特に砂などの異物は、感染症や化膿の原因となりますのできれいに流しましょう。

出血の止まった小さな傷ならば、そのままにしておきましょう。

血やつゆが出ていたり、衣服にこすれる場所の傷には、「ハイドロコロイド素材」「湿潤環境」という表記のあるバンソウコウを貼りましょう。

このタイプのバンソウコウは、傷口の治癒に最適な環境を維持してくれるのです。






噂と迷信☆都市伝説

(c)ネタメール