セックスでB型肝炎が感染する?

噂と迷信☆都市伝説は面白雑学を紹介しています。

セックスでB型肝炎が感染する?

本当です。

B型肝炎とはウィルス性の病気で、感染すると肝臓の細胞が破壊されてゆき、肝硬変や肝臓がんに進行します。
上記でウィルス性と書きましたが、日常生活では普通、感染することはまずありません。

たとえ相手が感染者でも普通は、握手やキス程度の接触でうつることはほとんどありません。

感染は血液を経由することが多く、病院で注射針を使いまわしたり、感染者の血液を輸血したりといったものです。
これらも現在は現場での体制が改善され、感染者の数は減っています。

しかし、近年増えているのが、性交渉での感染。精液、体液に血が混じる場合があるからです。
とはいえ、これもコンドームの使用で大抵は防ぐことが出来ます。
B型肝炎は、かかったら必ず死に至る病気では、ありません。自然治癒してしまう場合もあります。

しかし、自覚症状がないため、病気が進行してしまうと大変です。
でも大丈夫、治療法は確立されていますからね。
自分のため、そして恋人のために、病院で定期検診を受けましょう。






噂と迷信☆都市伝説

(c)ネタメール