ピアス穴を開けると失明する?

噂と迷信☆都市伝説は面白雑学を紹介しています。

ピアス穴を開けると失明する?

嘘です。

「自分で開けたピアス穴から白い糸が出てきて、引っ張ったら目が見えなくなった。」
実はその糸は、視神経だった……これは有名な”都市伝説”です。

耳たぶに視神経は通っていませんから、絶対にありえません。
この噂は、若者が気軽にピアス穴を開けないよう、親か先生が言い出したものだといわれています。

さて、この噂自体は嘘ですが、実は耳から”白い糸”が出てくる場合があります。

ピアスをはずす際、ピアス穴の中に出来かけた新しい皮膚がはがれてしまうのが、それです。

穴に沿って上皮化しているため、細い筒状で一見、白い糸に見えます。

もちろん、ただの薄皮ですので、健康には何も問題はありません。

無理に穴を開けていたり、ピアスをはずしたりすると、炎症になる場合もありますが。
もしかしたら、こっそりピアスをした人がこれを見て驚き、罪悪感や恐怖感から広めた話なのかもしれませんね。






噂と迷信☆都市伝説

(c)ネタメール