錬金術って本当にあったの?

噂と迷信☆都市伝説は面白雑学を紹介しています。

錬金術って本当にあったの?

本当です。

卑金属を貴金属へと変化させる錬金術。

中世ヨーロッパでは、そうした研究をする「錬金術師」を、貴族がパトロンとなって支援した事実があります。

あのニュートンやユングも、傾倒していたといいます。

錬金術で有名なのは、「ホムンクルス」という人造生命体。

密閉された蒸留器に人間の精液と薬草を入れ、馬糞と共に40日間醗酵させると、透明な小人のようなモノが生まれるのだそうです。

これは実在した錬金術師であるパラケルススが本に残したものですが、実際に金や生命を創造できた者はいません。

しかし、そうした研究の過程で、現在も使われている数々の実験器具が作られ、塩酸や硫酸といった多くの化学薬品もうまれることとなり、現代の化学の発展につながりました。

いわば材料学や遺伝子工学は、現代の錬金術なのです。






噂と迷信☆都市伝説

(c)ネタメール